堀ちえみ、競泳池江選手で見えてきた医師の質のバラツキに違和感!今後AIに置き換えられるべきは医者!!

投稿者:


出典:スポ日

先日公表された芸能人である堀ちえみさんの、舌がんのスーテジ4であるという告白。

しかも、なんと故意に付き合いのあった歯科医師には、口内炎だと判断され何度か患部を焼いて消滅させていたというが、結果的に見過ごされたままで、わかった時にはステージ4???本人としてはいたたまれないのではないか。
自分であったら誰のことを信じていいのかわからなくなりそう。

舌がんは、見分けがつきにくく発見が遅れる可能性が高いがんである場合が多く、命を落とす人も多い病気であることは確かだし、最初に口腔内の異物に気づいたときに相談した相手が歯科医師であったことも多めにみて考慮すうると少しは致しかないないことだとも思うが・・・

ただ歯科医師だ、口腔内のがんに関する知識もないのかと驚く。医師の知識や技量によって人の命が左右されるなんてそんなひどい話はない!!それを運命とかそういったものでまとめてしまっていいのだろうか?

少し前に白血病(血液のがん)を公表した競泳の池江璃花子選手は、スリーとなので細かに体調チェックをしていたなかでの早期発見だったのだろうし、医師の質も高いことが伺える。助かる見込みが高いといわれている。

医師の知識や技量によってその人の命まで脅かす!たまったものじゃない!

池江選手の公表後、骨髄バンクの活動を行う女優の東ちづるさんが「なにかできることがあれば…」と動き始めていたときに
同じようなことを言っていた。

「自分の経験から医師や病院環境にもばらつきがある。どこで、どんな医師に診てもらうのが一番いいかの判断も大切。そこで情報を提供できれば。」

誰もが思うこと。私自身も脳腫瘍の手術をしたが、最初に手術した医師と今の経過観測してもらっている担当医師を途中で変えた。知識や技量うんぬんもあるが”どれだけ患者に寄り添って治療を選択できるか”の考え方もまた大事。

話がそれたが、医師の持つ知識や技量によってその人の命まで左右するのだ!

いろいろ騒がれているAIに置き換えられるべき一番最初の仕事は医者でないのかとすら思ってしまう。

基本的な治療方法から対処法、さまざまな事例をすべてインプット。常に最新の医療法に基づいてアップデート。
ばらつきなんて起こらないはず。そこにヒューマンな要素が加われば最高だろう。