嵐、2020年で活動休止を発表、27日夜に会見でリーダー大野も涙目

投稿者:


出典:ORICON NEWS

嵐がファンクラブサイトで2020年をもって活動休止をすると発表してからその日の夜都内で5人そろって会見が開かれました。

冒頭でリーダーの大野智くんが活動休止に至った経緯を説明。自分自身が「自由に生活がしたい」と思うようになっとということだった。直接のきっかけは自分からの提案であったことを口にする。

「申し訳ない気持ちがある…」と目に涙を浮かべる一幕もあった…。感慨深い。
いろんな自分の中でも葛藤があっただろう。3年前からメンバーとは話をしていたという。

相葉雅紀くんは「仲が悪くなったわけではない」と不仲説を一蹴。

松本潤くんはこの時期に活動発表をした理由について「これまでお世話になった人達に自分達の意向を理解してもらうには時間がかかると判断して今の発表となりました。バラバラになるのではなく2020年まで5人で走り抜きたいと思っております。」とコメント。

大野君の口からジャニー社長から「ここまでよく頑張ってくれた。本当にありがとう。」と
引き留められると思って話したというのに逆に労いの言葉をもらったと説明。

国民的アイドルの不動の地位を築きあげた嵐の5人だが、人それぞれみんなの思いがあったのだろう。

大きな決断を下した身として「やはり、事務所を辞めないとケジメがつかないと考えていた」という大野を、メンバー4人が引き止めたという。

残りの2年間を、ファンとしてしっかり見守って上げたい気持ちです。