尾畠さん「スーパーボランティア」流行語受賞を辞退

投稿者:


出典:朝日新聞デジタル

山口県大島で行方不明になっていた当時3歳の男児を助けたことで一躍時の人となっていた「スーパーボランティア」こと 尾畠春夫さん79歳が、今年の流行語大賞にノミネートされたにも関わらず

「あたりまえのことをしただけ!」だと辞退したと報じられて、またさまざまな声が寄せられています。

ボランティア」は「流行」語ではなく日常であり、継続なのですね

尾畠さんに教えていただく事は多いです 
chi*****さんからの声

涙を流しながら握手した時に力が強いなぁって思ったけどその時話した子供達は日本の宝だから大切に育てないけん!って言ってたのが心に刺さった。
「今の若いのは」って言うのが嫌いとも言っていた。その若いのを育てたのは今の大人なんだからまずはそれを反省せないかんと言っていた。
結果を残した人だから説得力があったなぁ。たまたま会ったしかも初めての俺なんかに涙を流しながらサシで話しをするんだから本当にパワフルで凄い人だと思った。健康で元気で長生きしてもらいたい。
大一大万大吉さんからの声
出典:Yahhoニュース

本当にその通り!共感するところが多いです!本当に学ぶことが多い人です。
本当に率直に、いつまでも健康で元気で長生きしてもらいたい人です。