元カープ黒田が自費で地元紙に広告「結局、新井はすごかった」盟友の労いが話題に

投稿者:


日本シリーズが終了し引退が決まった新井貴浩選手に向けて、かつてカープの盟友でありセリーグ3連覇を成し遂げる最初のリーグ優勝を果たした年に一緒に戦った元カープの黒田選手の地元広島の新聞広告が話題になりました。

記事の内容は、2面構成で1面は過去の新聞記事の切り抜き。青色の線が引かれている箇所を見るとそれは新井選手のダメだったスランプのときの記事ばかり、それとは別に横に赤色のペンで線引きされている黒田選手の貢献したときの内容。読んでいるだけでクスっと笑える。

カープの暗い時代を知っている二人だからこその笑いを交えたジョークである。

そして裏面にいくと、カープ一色の全面赤色の背景に書かれた文字

「結局、新井はすごかった!」

この言葉に黒田さんからの新井選手への労いの気持ちが伺えます。

この記事を見て、カープファンの人からは感動の声がSNSに多数投稿されています。

根強いファンの中にはウルッとされた方も多いと思われる、元カープの黒田さんの粋な計らいと皆に親しまれていたことを最後まで証明している新井選手のお人柄を再確認させられるニュースでした。

PS.
ちなみに中国新聞の1面広告の値段は381万円。(それぞれ新聞社の発行部数によって異なる)
今回の記事は2面(2ページ)に渡っているので381万円x2=762 万円という計算になります。