がん治療薬「オプジーボ」摂取止めたあとも20週以上効果が持続

投稿者:


出典:朝日新聞デジタル

大阪大学の小山正平助教らチームががん治療薬「オプジーボ」をやめても、肺がん患者の免疫を高める効果が20週間以上続くとする研究結果をまとめ、臨床医学会誌に本日4日に発表した。

ここで治療薬オプシーボについておさらい。

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった、本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授の研究をもとに開発された点滴薬。

オプジーボは、がん細胞を直接攻撃するのではなく、人に備わる免疫の働きを促す。「T細胞」と呼ばれる免疫細胞の表面に複数あるブレーキ役の分子にくっつき、この分子にかかわる働きを妨げることで、がん細胞への攻撃力を高め、効果があらわれる。
出典:朝日新聞デジタル

この阪大の研究チームはこの分子にオプジーボがくっついている様子を調べる方法を開発していた。







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。