南北首脳会談 金正恩のサイン

投稿者:

韓国と北朝鮮の軍事境界線の
韓国側にある「平和の家」で
南北首脳会談が開催された

軍事境界線で手を取りあい握手を交わした瞬間
歴史的な瞬間だった
なぜなら北朝鮮の最高指導者としては初のことだったからだ。

これには日本人の私もものすごく感動した

そして金正恩は韓国の文大統領のこちらにもどうぞという
お願いにも応じ一緒に手を取り合い境界線を越えて北朝鮮側に。
軍事境界線を越えてまたいっしょに韓国側に戻ってくるという
行動を報道陣のまで見せた。

そして「平和の家」に入った
金正恩は、芳名録にサイン

そのときサインに書き込まれた内容が

新たな歴史はこれから、平和の時代、歴史の出発点で

あの北朝鮮の金正恩がそう書き込んだメッセージだった。

これには全く関係のない私でも目頭が熱くなった。

一時はロケットマンとも比喩された挑戦的な金正恩のイメージも

やはり金正恩も、平和を望んでいたに違いないと思った。
誰がお互いをののしりあい戦うことを望んだだろうか。

これですべてが解決するのは思わないが
今回のことは歴史に残る世界が注目することであり
否定的なことをいう評論家はおかしい。

ここから良い関係になっていけばいい最初の一歩としては
大きなものになるはず。

日本もこういった互いに手を取り合う進め方でいってほしい。

拉致問題や解決すべき問題も山積みで
被害者遺族のことや国民の意見を考慮すると強硬姿勢を貫くことしか
今はできないのかもしれないとも予測がつく。

ただこのあと米朝首脳会談も控えている

平和の対話を望む近代的なトレンドに
日本だけ取り残されないようにしてほしいものである。







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。