衣笠祥雄

投稿者:

元カープの選手の衣笠祥雄選手が昨日亡くなられました。
カープの黄金時代を山本浩二選手らとともに築いた
カープの地元広島ではもちろん、
野球界で著名な人物がまたひとりいなくなりました。

通算連続試合出場記録3315試合という前人未到の偉業を達成した
「鉄人」と呼ばれていた人物で

生前から広島市内にある
旧広島市民球場跡地内には

連続試合出場記録の石碑が建てられています。

衣笠祥雄選手を語るのに、この鉄人としての
評判を語られることが多く成績について触れられることがめったに
ないひとでしたが、

その戦績も人並み外れれていました。
1975年のオールスターゲームにおける山本との二打席連続アベック本塁打は、
今でも語り継がれているほどオールスター屈指の名場面として歴史に刻まれています。

また打撃のほうでも1983年史上16人目となる通算2000本安打を達成。
日本プロ野球名球会会員となっています。
通算安打2543本という記録は日本の野球界の歴史上歴代5位。
未だに塗り替えられていない事実です。

衣笠選手がつけていた背番号「3」はカープの永久欠番。

これほどの偉大な人物が闘病していたとは
まったく知りませんでした。

訃報をきいた元同僚の山本浩二選手や江夏豊さんから
続々と声が寄せられ

またこれだけの報道各社が報じていることに
衣笠選手の偉大さがひしひしと伝わってきます。







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。